雨の日曜日。
YMZKくんからキソテクジムをオープンすると聞いて、午後からお邪魔してきました。
半島のおじさんクラスでは一番のテクニシャンSMDさんとシゲちゃんも参加して、みっちり練習。



先日のキソテク講座でお題として出た長い一本橋。
しかも、7cmのミニパンプに前輪を置いて、サドルから立った状態からのスタートです。
とは言え、これだけなら何とかこなせるのですが……。



一本橋の途中に2個のスライダーを設置。
前輪が奥側のスライダーに乗ったら前輪ブレーキ。
スライダーが対岸に接触するタイミングでブレーキをリリース。
後輪が手前のスライダーに乗ったら後輪ブレーキ。
スライダーが前のスライダーに接触するタイミングでブレーキをリリース。
という操作を短い時間に適切にこなせないと、対岸の一本橋に渡ることはできません。
まあ、難しいです。何度も挑戦して、満足のいく成功は1回だけ。



この日はCove Bikes Sanchez Trial versionで楽しんできました。
こうして見ると、相当BBが下がっていますね。

 

鎌倉某所の里山保全活動に三浦半島MTBプロジェクトとして参加してきました。



本日は、プロジェクトから4人が参加して、踊子草を退治してきましたぜ。
これ、ウチのアプローチにも生えてるな。
ウチのも抜こう……機会があったら。



心配された天気もなんとかもってくれました。
気持ちいいです!

 

日曜は、特別なライドに参加してきました。
1つは、海外駐在のために日本を離れるBoogierideさんの壮行 "So long" ライド。
彼は、今の家に引っ越してきて最初にできたMTB友達で、もう10年以上の付き合いとなっています。
もう1つは、ISKWさんとSZKさんの還暦祝い "So long" ライド。
お二人とも病を克服して、ますますお元気にライドを楽しまれています。



そんな特別なライドにふさわしく、このエリアを取り巻く6つのトレイルを走る、"So long" ロングライドを楽しんできました。







どこに行ってもMTBに乗り続けよう。
いくつになってもMTBに乗り続けよう。



 

エンデューロレースと言えば、かつては1名〜数名で一定時間内の周回数を競うレースフォーマットを指していましたが、海外発の登って下るエンデューロレースのフォーマットが浸透するに連れて、こちらの形式のレースが減ってきてしまいました。
緑山で年2回開催されていたチームエンデューロも例に漏れず、しばらく開催されていませんでしたが、この度3年ぶりに復活!
G-ride Racingのメンバーと参戦してきました。



コンディションはスーパードライ。
天気も良く、気持ちいいレース日和でしたが、土埃がスゴイ……。















レースに使用した機材はこちら。Zaskar LE。
ドライのときの緑山エンデューロ専用機となりつつあります(笑)。
活躍の場が戻ってきてくれてよかった!



今年最初のG-ride Racingチームイベントは無事終了。おつかれさまでした。

 

この週末、横須賀ではYANSとGo Rideによるキソテク講座が開催されていました。
今回は撮影係として参加することもなかったのですが、土曜日の夜に2回目のMTB未来会議が開催されたので参加してきました。



まずは歓談から(笑)。



ケータリングは、One Drop Cafeさん。



今回は、YANSさんに加えてこちらのお方がゲストとして参加してくださいました。
日本のMTB界の第1世代を知るレジェンド、オオタケさんです。
MTBのコレマデということで、お話いただきました。
そもそも自転車を始めたきっかけや、シマノ時代のあんな話やこんな話、黎明期ならではのMTBナショナルチャンピオンジャージの逸話など、話題は尽きず。



オオタケさんが持ってきてくれた昔の書籍。
JOSFのかつての名物MC、エノモト親父の若かりし頃の写真が載っていたり。



もちろんトマックも♪
本当に色々なお話を聞けて楽しい時間でした。



もう1つの話題提供は、ぽっちゃり大学生のアイザックくんから。
OpenPoseや機械学習を使って、ニュートラルポジションに乗れているかどうかをライダーにフィードバックするシステムのアイディアプレゼン。未来ですね。

未来会議は、本当の意味でのフューチャーセッションになっていくとイイなぁと思いましたが、そこはまた次回に期待ですかね。



第1世代・第2世代のレジェンドが遊んでいる姿を見て、本当に自転車に乗るのが好きなんだな〜と、そんな単純な動機を大事にしたいと思いました。



おつかれさまでした!

  

↑このページのトップヘ